胃カメラ

  • 極細径内視鏡(経鼻内視鏡)でのスクリーニング検査
  • 高画質な経口拡大内視鏡での精密検査
  • 希望者には鎮静剤を使用 
  • 回復室を完備

胃カメラ検査は、咽頭、食道、胃、十二指腸の観察を行います。咽頭違和感、胸やけ、呑酸、咽頭・食道のつかえ感、吐き気、みぞおちの痛み(胃痛)、腹部膨満感、胃もたれ、食欲不振、吐血、黒色便などの症状のある方、検診異常(胃バリウム検査異常、ピロリ菌検査陽性)の方が適応となります。咽頭がん、食道がん、胃がん、逆流性食道炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃炎などの診断のために行います。

検査日時

胃カメラ検査は診察日(月、火、水、金、土)の午前中に行っています。

事前予約は不要です。

絶食の上、午前10時ころまでにご来院ください。

※ご希望があれば午後にも行います。

検査前の注意点

検査前日の夕食は21時ごろまでに済ませてください。その後は絶食ですが、早朝まで飲水(水、お茶)はできます。
定期内服薬などがありましたら、ご持参してください。
検査の苦痛を和らげるための鎮静剤をご希望の方は、車・バイクを運転されての受診は控えてください。