スパイロメータSP-370COPD肺Per

スパイロメータ(フクダ電子社製SP-370COPD肺Per)を用いて、肺活量と努力性肺活量の測定を行い、%肺活量、1秒率や%1秒量などを算出して、呼吸機能を評価します。気管支喘息や慢性閉塞性肺疾患(COPD: 肺気腫,慢性気管支炎)の診断や重症度の判定を行い、また治療後には治療効果の判定に用います。咳が続く方や喫煙者、息切れ・喘息症状のある方はスパイロメータ検査をお勧めします。また“肺年齢”を表示しますので、喫煙者の禁煙の動機付けにもなります。

武井胃腸科内科

Takei clinic 広島県三原市 Mihara-city, Hiroshima 苦痛の少ない胃カメラ検査 経鼻内視鏡検査 苦痛の少ない大腸カメラ検査 日帰り大腸ポリープ手術 Painless gastroscopy and colonoscopy Day surgery of colonic polyp

0コメント

  • 1000 / 1000