Precision medicine (精密医療)

先日は臨時休診させていただきご迷惑をおかけしましたが、京都大学大学院医学研究科 腫瘍薬物治療学講座(教授 武藤 学)の同門会に出席してきました。

がんゲノム医療、キャンサーバイオバンク(貯めるイメージ)を発展させたクリニカルバイオリソース(活用するイメージ)センター、リアルワールドデータ/リアルワールドエビデンス(RWD/RWE)の取り組みなどについてご教授いただきました。その中から一つのキーワードを紹介したいと思います。

Precision medicine(精密医療)

とは、遺伝子や生活習慣などのバックグラウンドを考慮して、個人レベルで最適な治療を行おうとする新しい医療の考え方です。とくにガン患者に対して遺伝子検査を行い、ガン患者個々人に最適な治療法を選択することをいい、これまで個別化医療、オーダーメイド医療、テーラーメイド医療とわれていたものと類似しています。

最近の科学の進歩によりガンに関係する多数の遺伝子の解析を一度に行うガン遺伝子パネル検査が可能になり、これまでも大学病院などで自費診療でガン遺伝子パネル検査がおこなわれてきましたが、2019年6月にはガン遺伝子パネル検査が保険承認されました。
その適応は非常に限定的(標準治療がない希なガン、標準治療をやりつくした高度進行ガン)ですし、実施施設も全国に11のがんゲノム医療中核拠点病院や、約150のがんゲノム医療連携病院に限られていますが、自費診療で行われたガン遺伝子パネル検査に基づいて選択された投薬で著明な効果があった報告などを見聞きする限り、この保険承認はがん治療において非常に大きな一歩であると思います。
当院は、がんゲノム医療とは縁遠いクリニックではありますが、新しい情報にはアンテナをはっておきたいと思いますし、京大がんセンターへの橋渡しくらいならばできるかなと考えています。


武井胃腸科内科

Takei clinic 広島県三原市 Mihara-city, Hiroshima 苦痛の少ない胃カメラ検査 経鼻内視鏡検査 苦痛の少ない大腸カメラ検査 日帰り大腸ポリープ手術 TransNasal gastroscopy Painless endoscopy Day surgery of colonic polyp

0コメント

  • 1000 / 1000