【機器更新】超音波診断装置 ARIETTA 850SE

新しい超音波診断装置(エコー)ARIETTA 850SE(日立)を導入しました。

これまで当院で使っていたHI VISION AVIUS(日立)で《ぼんやり》みえていた病変が、ARIETTA 850SEでは《くっきり》みえます。

また、組織の硬さを評価する2種類の機能(Real-time Tissue ElastographyとShear Wave Measurement)が備わっており、腹部では肝臓の硬さ(線維化、肝硬変の評価)を数値化でき、肝疾患(ウイルス性肝炎や脂肪肝)の診療などに今後利用したいと思います。

ほかにも、Detective Flow Imagingという低流速の血流を表示する機能も備わったりと、これまで使っていたHI VISION AVIUSからかなり性能・機能がアップしています。

「胃が痛い」といって受診され、腹部エコー検査を行い、胆石や膵炎、虫垂炎、ほかにも肝臓がん、すい臓がん、胆のうがん、大腸がん、さらには腹部大動脈瘤まで発見されたこともあります、引き続き、内視鏡検査だけでなくエコー検査にも力をいれて診療にあたりたいと思います。


武井胃腸科内科

Takei clinic 広島県三原市 Mihara-city, Hiroshima 苦痛の少ない胃カメラ検査 経鼻内視鏡検査 苦痛の少ない大腸カメラ検査 日帰り大腸ポリープ手術

0コメント

  • 1000 / 1000