キャッシュレス決済

昨年の消費増税により、非課税(診察料)、消費税10%(文書料、予防接種など)、軽減税率8%(大腸カメラ前の検査食)を扱う当院の受付業務が煩雑になったことを機に、POSレジを導入しました。導入に当たり、3種類の税率(非課税、8%、10%)に対応している、またレジ端末にiPadよりも安価なAndroidがつかえるといった点から、数多あるPOSレジの中からSquareを選びました。選んだといっても、Google playからアプリをダウンロードするだけで導入完了です。

次に、政府のすすめるキャッシュレス決済の普及の流れ、昨今の新型コロナウイルス騒動により手から手へと現金を受け渡しすることに対する抵抗感なども加わり、キャッシュレス決済にも対応しなくてはと思い、今年2月からPayPayを導入しました。PayPayはオンラインで申し込み、2日後には審査完了し利用開始とそのスピードにはびっくりでした。

さらに、今回の新型コロナウイルス騒動の影響で、電話診察・オンライン診察の必要性が上がり、これらの診察には、キャッシュレス決済がマッチしている、しかしPayPayは対面での決済でしか使えないため、キャッシュカードも利用できるようにしました。こちらは、POSレジ“Square”を導入した時に、クレジットカード決済の審査も通っていたので、クレジットカード決済用の端末をオンラインで注文し、2-3日で利用開始とこちらもそのスピードにはびっくりでした。

日本(決済比率20%ほど)は他の主要国(決済比率40-60%)に比べキャッシュレス決済の普及が遅れており、政府は2025年までにキャッシュレス決済比率を40%まで向上させようとしています。今回、PayPay、クレジットカードでの決済を導入した当院で、これらのキャッシュレス決済を利用される方はまだ5%未満ですが、今後は利用者が増えていくのではないかと思っています。


武井胃腸科内科

Takei clinic 広島県三原市 Mihara-city, Hiroshima 苦痛の少ない胃カメラ検査 経鼻内視鏡検査 苦痛の少ない大腸カメラ検査 日帰り大腸ポリープ手術

0コメント

  • 1000 / 1000